cript> 鈴木 伸也 | 社員紹介 | 採用情報 | 大蔵屋商事

鈴木 伸也

Shinya Suzuki

2012年入社
葛飾営業所 営業職

仕事内容

私は入社した当初はルート配送として働いていました。現在は営業として働いています。私の仕事内容としては、清涼飲料水の自動販売機の需要があるところ、もしくはありそうなところに自分自身で営業をかけ、新規顧客を獲得し、既存のお客様のリテールサポートを通して、様々な繋がりを構築し、既存保全+新規顧客へ繋がるような仕事を行っています。

「とても居心地が良い」職場環境

職場の雰囲気を、一言で表すと、「とても居心地が良い」です。
こんなアットホームで温かい雰囲気の会社はないと思います。それは、何故かと自分の中で分析をした時に思い浮かんだことは、今の仕事内容が関係しているのではないかと思います。この業界の仕事は体力や精神面がある程度強くないと踏ん張ることが出来ないものです。そんな経験をしている仲間がいることで、同苦の気持ちが芽生え、人を思い遣る気持ちが生まれ、励まし合える同僚がいるからこそ「とても居心地が良い」雰囲気が形成されているのだと思います。

想いを持って仕事をすれば、その気持ちがお客様へ通じる

以前、新規のお客様とご商談を重ねている段階で「他の同業他社さんとは違って大蔵屋さんは、熱心に営業してくれますよね」という温かいお言葉を頂いた時はとても嬉しかったのを今でも鮮明に覚えています。それ以来、そのお客様から自動販売機設置のご承諾をいただき設置に至ることが出来ました。お客様にとってのメリットは、何かと常に考えながら営業をしている中で、そのような経験をさせてもらった時に、私は「想いを持って仕事をすれば、その気持ちが通じる」と心から実感しました。まだまだ至らないところもありますが、引き続きお客様の幸せそうな笑顔を作り出せるような営業マンへと成長していきたいと思います。

「太陽の様な存在」でありたい

少し大げさな事を言ってしまうかもしれませんが、職場では「太陽の様な存在」でありたいと思っています。まだまだ若輩者で偉そうなことは言えませんが仕事やプライベートで悩んでいる方がいたら一緒に悩み、励まし、皆様が気持ちよく仕事や自分の人生を最高に楽しんで過ごしていけるようなお力添えが出来ればと常に考えています。この地球上のひとりの人間かもしれませんが、どんな方でも行動を起こせば確実に何かが変わり、行動が優しさに溢れていれば間違いなく、良い方向へと進んでいくはずです。

「若い頃に、楽を覚えるな、驕るな」をモットーに全力を尽くす

今後の目標は、大蔵屋商事の仕事を通じて、「世界中の方々を幸せにすること」です。私は、一度きりの人生を後悔なく、常に最高に楽しんで日々生活しています。そんな生活を送らせて頂くことができるのは、家族、友人、会社の同僚がいるからこそだと思っています。そう思った時に、"皆様に恩返しがしたい"という気持ちが芽生えます。さらに深く考えたときに、思うことは世界中の人々が支え合っているからこそ、今こうやって幸せに過ごせているということです。
「世界中の方々を幸せにすること」という目標には到底近づくこと出来ませんが、そうした気概を持ち、今の仕事を通じて今以上に人間力をつけ、「若い頃に、楽を覚えるな、驕るな」をモットーに全力で尽力していきたいと思います。

一覧へ戻る